夜中にほっつき歩くブログ

パワプロで作った選手や、野球観戦についての雑記等々

【パワプロ2020】クリスチャン・クインティン(再現・’21BC信濃)

f:id:yonaka_hottuki:20210421214401j:plain

f:id:yonaka_hottuki:20210421214412j:plain

f:id:yonaka_hottuki:20210421214422j:plain

パワナンバー:12700 50694 61850

名前:クリスチャン・クインティ
出身:ドミニカ共和国
生年月日:93/12/27
背番号:77
経歴:ドミニカサマーリーグロッキーズ他→四国IL・愛媛(’18~’19)→BCリーグ信濃(’20~)
投打:右・右

2020年成績
16試合 8勝 3敗 防御率2.23

略歴:
Max155キロの快速球と、変化球との
コンビネーションが売りのドミニカン。

愛媛マンダリンパイレーツ時代の
2019年は通期で7完投を挙げる
タフネスぶりを見せた。

2020年からBCリーグ
信濃グランセローズに移籍。

ここでも、変則ルール下だが
2完投を記録する等で8勝を挙げる
活躍を見せ、プレーオフにも
2試合先発している。

2021年は3月に来日となったためか
現在はリリーフに回っており、
4月17日のBC福島戦の最終回で
今季公式戦初登板。
1回無失点に抑え、初セーブを挙げた。

査定:
緩急○
動画で見た限りでは、
直球で押していくのではなく
変化球との合わせ技が
光ったため。

その他:
素材としては光るものがあるのですが、
どうにも勝ち切れていないような。
そんなイメージです。

【週末お出かけ記】八重洲・エリックサウスでビリヤニ

先週今週は土曜出勤もあり、大事なお仕事もありで大分ヘロヘロです。

金曜、土曜と2日連続で野球を見に行く予定ですが、また緊急事態宣言を要請とのニュースが。ポジティブなニュースではないですね。

 

さて、そんな合間の先週日曜日のお休み。

昼過ぎまで爆睡して、皐月賞をぼんやり見つつボケーっとしてたらもう17時。

とりあえず何か食わねば。でも美味しいものが食べたい。ということでやはりビリヤニ

 

今日は東京駅の八重洲の地下街にある『エリックサウス』のビリヤニを食す。

駅から少し歩いて、奥のところにあるお店。人気店だが夕方だったのでさほど混んではいなかった。

f:id:yonaka_hottuki:20210420222544j:image

ビリヤニはチキンビリヤニ。MサイズとLサイズが選べ、今回はLサイズを選んだ。

一口食べる。上野や北千住で食べたビリヤニと比べると、スパイスの効きが程よく、とても食べやすい。どんどん食べられる。

中に入っているカシューナッツも良いアクセントになっている。

付け合わせは、定番のライタとチキンカレー。

ライタはほんのり甘くて酸味があり、ビリヤニによくマッチしている。チキンカレーも美味しい。

大盛りであったが、あっという間に完食してしまった。多分ここが一番食べやすかったと思う。

帰りに北海道のアンテナショップに寄り、レンジ対応のスープカレーハスカップ味のグミ、サイコロキャラメルを購入した。

大事な仕事を控え、なかなか心休まらない休日であったが、束の間の休息を取ることができた。

地図

【パワプロ2020】エリック・テームズ&ジャスティン・スモーク(再現・’21巨人)【春の新外国人セール】

【エリック・テームズ

f:id:yonaka_hottuki:20210416232935j:plain

f:id:yonaka_hottuki:20210416232947j:plain

f:id:yonaka_hottuki:20210416232958j:plain

パワナンバー:12500 61295 71301

名前:エリック・テームズ(Eric Thames)
出身:アメリ
生年月日:86/11/10
背番号:44
経歴:ペパーダイン大→ブルージェイズ(’11~’12)→マリナーズ(’12)→KBONCダイノス(’14~’16)→ブルワーズ(’17~’19)→ナショナルズ(’20)→巨人(’21)
投打:右・左

2020年成績
41試合 打率.203 3HR 12打点

略歴:
かつてのKBO最強の助っ人。

2014年にNCダイノス入団すると、
打率.343、37HRと大活躍。
2015年にはアジア球界初の
40本塁打・40盗塁を達成。
2016年も40本塁打を放ち本塁打王
獲得するも、酒気帯び運転で
出場停止処分を受け、キャリアに
汚点を残した。

2017年から再びMLBに復帰すると、
同年ブルワーズでも31本塁打
放ち、17年から19年のブルワーズ時代の
3年間で72本塁打をマークした。

2020年にナショナルズに移籍してから
大きく調子を落とし、
FAになっていたところを
巨人が獲得した。

一塁には同じく新外国人のスモークが入る為、
外野手としての登録となった。

しかしながら、外野守備は2019年以降
経験がなく、また守備自体も上手くないため、
デビューには時間を要する可能性がある。

 

ジャスティン・スモーク】

f:id:yonaka_hottuki:20210416233143j:plain

f:id:yonaka_hottuki:20210416233156j:plain

f:id:yonaka_hottuki:20210416233206j:plain

パワナンバー:12600 81297 80480

名前:ジャスティン・スモーク(Justin Kyle Smoak)
出身:アメリ
生年月日:86/12/5
背番号:10
経歴:サウスカロライナ大→レンジャース(’10)→マリナーズ(’10~’14)→ブルージェイズ(’15~’19)→ブルワーズ(’20)→ジャイアンツ(’20途)→巨人(’21)
投打:左・両

2020年成績
(2球団)36試合 打率.176 5HR 15打点

略歴:
強打が売りの両打ちのスラッガー

サウスカロライナ大学からドラフト1位
(全体11位)でレンジャースに入団。
その後はマリナーズブルージェイズ
プレーし、2017年には一塁手として
ファン投票1位に輝きオールスターにも
選出された。

パンチ力ある打撃が魅力で、また
サヨナラの場面にも強い。

実績面は巨人も高く評価しており、
契約は2年600万ドル+出来高払い、
背番号は阿部慎之助が付けていた
「10」が送られた。

4月16日の二軍戦でデビューし、
3打数2安打と上々のスタートと
なった。

ウィーラー、テームズらとの
外国人枠争いに勝ち、チーム悲願の
日本一を成し遂げる。

査定:
デフォルトの方がいいと思うので
そっち見てください。

その他:
春物在庫処分セールです。
来週の広島戦、
現地で見られるかな?

巨人の自前外国人なので、
期待値は低いです。

【BCリーグ】BCリーグ東地区オールスター・ファン投票開始

23日の栃木ゴールデンブレーブスの試合
見に行きたいけど、今ちょっとアレだよなあ
と思っている今日この頃です。

f:id:yonaka_hottuki:20210416003621p:plain

さて、8月14日(土)に栃木で行われる、
「BCL東地区オールスターゲーム2021」の
インターネットファン投票が4月15日から
開始しました。

このオールスターゲームは、
BCリーグ東地区に所属する4球団
・埼玉武蔵ヒートベアーズ
栃木ゴールデンブレーブス
・茨城アストロプラネッツ
・神奈川フューチャードリームス
が北関東(栃木と茨城)と
南関東(埼玉と神奈川)に分かれて
試合をするというもので、
個人的なとても楽しみな試合です。

ファン投票の形式は、4球団の
投手、捕手、内野手、外野手の
各ポジションから1人ずつを
選んで投票するという形式です。

なお、出場選手は
各球団10人(ファン投票7人+推薦3人)
とのことです。

このファン投票は5月30日18時まで投票でき、
期間中は何回でも投票ができるみたいです。

投票は以下から
【インターネット投票URL】
https://req.qubo.jp/bcl_all-star/form/player

開催の詳細については以下から
【BCL東地区オールスターゲーム2021開催のお知らせ】
https://tochigi-braves.jp/news/2021/03/23/7806/

真夏の14時プレイボールという、
とても暑そうな時間帯に試合やるなあ
という印象ですが、行けるならぜひ
行きたいです。

【パワプロ2020】バン・ヘイドーン(再現・’21BC信濃)

f:id:yonaka_hottuki:20210415000506j:plain

f:id:yonaka_hottuki:20210415000519j:plain

f:id:yonaka_hottuki:20210415000531j:plain

パワナンバー:12900 90994 97641

名前:バン・ヘイドーン(VAN HEYDOORN)
出身:オランダ領キュラソー
生年月日:89/4/17
背番号:80
経歴:四国IL・愛媛(’15)→イタリア・ヴェローナ(’16~’17)→四国IL・愛媛(’18~’19)→BCリーグ信濃(’20~)
投打:右・右

2020年成績
55試合 打率.247 5HR 33打点

略歴:
NPB入りを目指すキュラソーの大砲。
日本以外にも、ドミニカ共和国アメリカ、
オランダ、イタリアと様々な国のリーグで
プレー経験のあるベテラン。

2015年と2018年から2019年まで、
四国アイランドリーグplus
愛媛マンダリンパイレーツでプレーし、
最多本塁打(9HR)と最多打点(36打点)に輝く。

2020年からは活躍の場をBCリーグ
信濃グランセローズに移したが、
打率.247 5HR 33打点と
やや物足りない成績を残した。

今季もヨアン・ウレーニャとともに、
強力打線の核となる。

査定:
特には。

その他:
最近はヨーロッパのプロ野球チームに
日本人選手が挑戦するケースが増えてきた
ように感じます。
異国の地でプレーするのは
大変だと思いますが、野球人生の転機に
なるといいですよね。

【パワプロ2020】坂田将人(再現・’21BC茨城)

f:id:yonaka_hottuki:20210412194005j:plain

f:id:yonaka_hottuki:20210412194016j:plain

f:id:yonaka_hottuki:20210412194026j:plain

パワナンバー:12000 31554 98724

名前:坂田 将人(さかた まさと)
出身:福岡県
生年月日:93/3/12
背番号:47
経歴:祐誠高→ソフトバンク(’11~’17)→BCリーグ・茨城(’18~’20)→BCリーグ・茨城(’21~)
投打:左・左

2020年成績
出場なし

略歴:
ソフトバンク時代は後の主力選手となる
柳田、千賀、甲斐、牧原大らと同期。

杉内を彷彿させる球のキレが
売りであったが、度重なるケガで
育成落ち、そして2017年に
戦力外通告を受ける。

2018年に栃木ゴールデンブレーブス
入団してからもケガで登板できず、
NPB時代の貯金を切り崩しつつケガの
治療に専念したが、2020年に退団。

野球人生最後の場として
トライアウトを受験したが、そこで
自分の思ったような投球ができたことで
現役続行を決断。
2021年に同じBCリーグ東地区の
茨城アストロプラネッツに入団した。

入団当初は練習生だったが、3月6日の
オープン戦で5年半ぶりの実戦登板を
果たすと、4月1日に選手契約に移行、
4月4日の開幕戦・栃木戦で初登板。
復活を遂げた。

査定:
球速
最速は138キロとのことですが、
1キロミスって速くなりました。

打たれ強さC
ケガに打ち克ち
復活できたメンタリティを
反映しました。

その他:
改めて見直すとすごい復活劇ですね。
どこまで投げられるか分かりませんが、
最後まで投げ抜いて欲しいです。

【パワプロ2020】濱矢廣大(再現・’21BC茨城)

f:id:yonaka_hottuki:20210411211915j:plain

f:id:yonaka_hottuki:20210411211930j:plain

f:id:yonaka_hottuki:20210411211940j:plain

パワナンバー:12400 71504 93423

名前:濱矢 廣大(はまや こうだい)
出身:奈良県
生年月日:93/2/27
背番号:21
経歴:日高高中津分校→ホンダ鈴鹿楽天(’14~’19)→DeNA(’19途~’20)→BCリーグ・茨城(’21~)
投打:左・左

2020年成績
(二軍)18試合 2勝 1敗 防御率3.60

略歴:
高校時代は無名の投手だったが、
社会人野球に進みエースとして活躍、
楽天にドラフト3位で入団。

ルーキーイヤーの2014年は
ケガで出遅れながらも9月に
初先発初勝利を挙げる。

翌2015年には岩隈久志から
フォークを習得するも、
その後はパッとせず、
2019年開幕直前にDeNAにトレード。

DeNAに移籍後も成績は伸びず、
メキシコのウィンターリーグにも
挑戦したが、2020年オフに戦力外通告

トライアウトを受験するも
獲得のオファーはなかった。

ちなみに、戦力外通告から
トライアウトまでの様子は
年末恒例の「プロ野球戦力外通告
クビを宣告された男たち」にて放映された。

その後メキシコからのオファーが
あったが、同年DeNAの監督を退任した
アレックス・ラミレス氏のサポートを
受けながら独立リーグ
プレーする道を選択。

2021年、BCリーグ
茨城アストロプラネッツと契約した。

ラミレス氏とのトレーニングで
体幹が強化された結果か、
開幕投手として迎えた
栃木ゴールデンブレーブス戦では
最速147キロを記録するなど好投。
負け投手ながら7回2失点とゲームを作った。

査定:
スタミナ
先発仕様で多めに。その分、
コントロールを悪くしています。

ツーシーム
「ラミちゃんねる」より。
効果的に使っているみたい。

逃げ球
かなり抜け球が多いため。
あと、一応昨季は二軍で被本塁打0。

その他:
4月11日の2度目の登板(対埼玉武蔵)では
6回に打ち込まれ5.2回6失点と結果を
残せませんでした。

ラミレス氏と課題をクリアしながら、
NPBへの復帰の道を見出してほしいです。